それでもアルミニウム製カプセルコーヒーを飲みますか?

どこにでも存在するアルミニウム

アルミニウムは土壌、水、空気中をはじめ、加工食品等を含む食品や鎮痛剤、化粧品及びケア製品等、多くの製品に含まれています。これらの多くは製造プロセス過程で混入され製品が汚染される現状があります。

食品をアルミニウムに包んで調理する際でも、包まれた食品のアルミニウム濃度が上がるという事も研究で分かっています。

コーヒーも同様です。フレーバーを保つ為に使用されているアルミニウムで包まれたカプセルなどは、飲む際にそのアルミニウムがお湯に浸され体内に入り込む可能性をより持ちます。

即時に健康被害が起こるわけではないにしろ、蓄積されたアルミニウムが体に良いという事はないでしょう。

 

実際にどんな健康被害がある?

少量のアルミニウムは、鼻や口や皮膚(ワクチンの際)から体に取り入れられ、骨や脳に蓄積されます。アルツハイマー病で死亡したある男性の脳内で高いアルミニウムレベルが検出された例もあるように、アルツハイマー病のような神経変性疾患を引き起こす可能性を持つといわれ、摂取量や蓄積量にもよりますが、特に、脳や神経系にはダメージを与えることが分かっています。

また、アルミニウムが抗酸化物質の1つであるグルタチオンの生成を妨げることで、体内から水銀を排泄する事を妨げる原因となります。要するに、デトックス能力の低下を促進します。

 

どのように避ける?

では、アルミニウムの摂取をどのように避けるべきでしょうか?アルミニウムを解毒するキレート剤などがありますが、普段の生活から摂取しないように心がけるのが大切です。極力、オキシ水酸化アルミニウムを含む歯磨き粉やアルミニウム調理器具などは避ける。そして、アルミニウムエスプレッソメーカーも使用を避けるのが良いでしょう。

 

コーヒーを飲むならアルミニウムフリーで

アルミニウムを使用せず、酸素シールで作られたコーヒーカプセルであれば、そもそものアルミニウムによる健康リスクを気にする必要はありません。また、毎日飲むプラスチックやアルミニウム製のコーヒーカプセルは、毎年何十億も無駄に廃棄処分され、堆肥化するのに500年かかると言われ、環境にも優しくありません。

どうせ飲むのであれば、環境にも体にも優しい製品を。

Royal-T Cafeがお届けします。