コーヒーは1日何杯飲むのがベスト?

 

前回の記事で、コーヒーの健康効果を詳しくお話しましたが、それでは、実際コーヒーは1日何杯位飲むのがベストなのでしょうか?どの位の量で効果が表れ、また飲み過ぎてしまったら?今回はコーヒーの適量についてお話します。

コーヒーとあらゆる死因での死亡リスクの関係を調べた研究では、コーヒーを1日3~5杯飲む人の死亡リスクはコーヒーを飲まない人と比べ15%低いとされています。その一方では、1日5杯以上飲む場合のリスクが低下する率は12%となり、必ずしも飲めば飲む程リスクが下がるとは言えないようです。

アメリカの「米国人の食生活ガイドライン2015年版」では、コーヒー摂取への指針が提示され、健康に害なく飲めるのは1日5杯(カップ)までとし、カフェインの量でいうと約400mg。ちなみにここでいう1杯とは、だいたい約150~240mlで、カフェイン量は100mg。

 

 

 

たくさん飲めば良いというわけではないこのコーヒー。特にコーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインの過剰摂取は、心の安定や睡眠を害する恐れもあります。

 

バランスよく、適度な量で毎日楽しむのが良いかもしれませんね!

 

「Healthwise and Royal-T」がいつでも美味しくコーヒーを提供しています!

 

ご購入はこちらから!